11年目の銀座ソーシャル映画祭、開催中。

ついに設立10年を越えました。200回に迫る開催が続いています。おそらく非営利のドキュメンタリー市民上映会としては、日本最古、最長の運営だろうと言われています。こうして細いながらも長く続けて来れたことに、感謝申し上げます。

コロナ禍の巣篭もり期間にオンラインのおしゃべり交流会や、オンライン上映会など、厳しい環境下でできることを試行してきました。その後、同じ志を持つ団体や、銀座ソーシャル映画祭が設立に後押しした上映団体と共に、共催のオンライン上映も試みました。最近では、安全に配慮しながらリアル開催を再開しています。「自ら考え、自ら行動する人が増える良い社会」のために、まずは「考えるキッカケを作る」上映会を続けています。
みなさまには、健やかにお過ごしになれますようお祈りいたします。また、いかなる理由があっても暴力のない平和な世界を望みまし、誰もが心地良く暮らせる社会を心から願っております。
11年目も、自ら考えて行動する人が増えることを願って、まず知ることから〜考えるキッカケをゆるく作り続けます。
【告知】
5月25日(土)昼 第190回銀座ソーシャル映画祭 x 第16回プロギング部ラン&ピース
 上映作品「ミッション・ジョイ〜困難な時に幸せを見出す方法」 申込→https://gsff190.peatix.com/
6月15日(土)昼 ポバティー・インク
6月22日(土)昼 ミッション・ジョイ
★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・
銀座を拠点に2013年から始めた社会派ドキュメンタリー映画の市民上映会です。すでに11年目、やがて200回に迫る上映会を重ねています。
「自ら考えて行動する人」が増えれば、社会が良くなるだろうと仮説し、そのためには、多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。
同様の上映会設立にもアドバイスしております。
https://www.gsff