4/21 第39回「銀座ソーシャル映画祭」開催しました

第39回銀座ソーシャル映画祭を開催しました。

上映映画は最新作「0円キッチン」(http://unitedpeople.jp/wastecooking/)でした。東京地区ではどこよりも早く上映した第38回に続いての再上映です。
映画は、「食糧危機」を吹き飛ばす楽しいロードムービーです。世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄され、その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!食材救出人のダーヴィドンがヨーロッパ5か国をめぐる明るい“食”の旅路です。

初参加の方が多く、広がりを感じています。
上映後は、小グループに分かれ、感想を共有しました。初参加の方が多いのにも関わらず、和やかな雰囲気でした。
交流会でも、いつものように美味しい手料理を囲みながら、楽しい歓談が続きました。

次回は、銀座ソーシャル映画祭の仲間、市民上映会を運営する団体を共催するスペシャル上映会を計画中です。決まり次第、告知しますので、お楽しみに。

 

【問い合わせ】

銀座ソーシャル映画祭 事務局(担当:片岡)

・Email:ginzasocialfilm★gmail.com(★を@に変更してください)

・お問い合わせ事項は、中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

 

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。