3/8 第77回GSFF「ザ・トゥルー・コスト」@ソーシャルスクエア代官山            3/18 第78回GSFF「0円キッチン」@ソーシャルスクエア代官山                3/25 第79回GSFF「料理人ガストン・アクリオ」@八丁堀

【満員御礼】第77回 銀座ソーシャル映画祭×SoooooS.×想ふ映画館 を3月8日(金)に開催します。

お申込はこちら→ https://gsff77.peatix.com/
※いつもの銀座と違う、素敵な代官山の会場ですので、ご注意ください。

フェアトレード、オーガニック、3R、寄付つきなど、人や地球にやさしい暮らしのためのオンライン・ショッピングモールを運営する「株式会社SoooooS.カンパニー(https://sooooos.com/)= SoooooS <社会貢献につながる商品・サービス情報のポータルサイト>と共に、代官山にあるソーシャルプロダクツのショップ「ソーシャルスクエア代官山(http://ss-daikanyama.com/)= Social Square Daikanyamaで、いつもの銀座ソーシャル映画祭を開催します。

ソーシャルプロダクツを販売する素敵なソーシャルスクエア代官山は、残念ながら今月末で閉店します。ぜひこの機会に足を運んで、素敵な商品を手に取りながら、ドキュメンタリー映画を楽しんでください。
当日は、店内で扱うフェアトレードのお茶やコーヒー、チョコレートなども味わっていただく予定です。また、今回の上映料金1000円には、「店内で使える500円割引券+店内で扱う竹紙商品500円相当のプレゼント」が含まれるお得な上映会となっています。

不定期ながら上映会を続けます。今回は、ソーシャルスクエア代官山でドキュメンタリー映画を共有した志ある参加者が、持続可能な社会を担い手となることを願っています。

【上映映画】「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファション 真の代償〜」https://www.cinemo.info/38m

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。(2015年、アンドリュー・モーガン監督、93分)

【日時】2019年3月8日(金)、18:30開場、19:00 開演、21:00ダイアログ等、21:30終了予定

【料金】1,000円(上映+軽飲食(店内で扱うお茶やコーヒー、チョコレート等)+店内で使える500円割引券+竹紙商品500円相当))

【会場】ソーシャルスクエア代官山(東京都渋谷区猿楽町24-1 ROOB2 2F-C)http://ss-daikanyama.com/

【主催】中越パルプ工業株式会社 http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
【共催】株式会社SoooooS.カンパニー https://sooooos.com/

    想ふ映画館 https://www.facebook.com/omofucinema/

 

【満員御礼】第78回 銀座ソーシャル映画祭×SoooooS.を3月18日(月)に開催します。

お申込はこちら→ https://gsff78.peatix.com/  
※いつもの銀座と違う、素敵な代官山の会場ですので、ご注意ください。お得な料金設定になっていますが、席に限りがありますので、ぜひ早めにお誘い合わせの上、お申込みください。

フェアトレード、オーガニック、3R、寄付つきなど、人や地球にやさしい暮らしのためのオンライン・ショッピングモールを運営する「株式会社SoooooS.カンパニー(https://sooooos.com/)」と共に、代官山にあるソーシャルプロダクツのショップ「ソーシャルスクエア代官山(http://ss-daikanyama.com/)」で、いつもの銀座ソーシャル映画祭を開催します。

ソーシャルプロダクツを販売する素敵なソーシャルスクエア代官山へ、ぜひこの機会に足を運んで、素敵な商品を手に取りながら、ドキュメンタリー映画を楽しんでください。
当日は、店内で扱うフェアトレードのお茶やコーヒー、チョコレートなども味わっていただく予定です。また、今回の上映料金1000円には、「店内で使える500円割引券+店内で扱う竹紙商品500円相当のプレゼント」が含まれるお得な上映会となっています。

不定期ながら上映会を続けます。ソーシャルスクエア代官山でドキュメンタリー映画を共有した志ある参加者が、持続可能な社会を担い手となることを願っています。

【上映映画】「0円キッチン」http://unitedpeople.jp/wastecooking/
世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。(2015年、ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ監督、81分)

【日時】2019年3月18日(月)18:30開場、19:00 開演、20:30ダイアログ等、21:00終了予定

【料金】1,000円(上映+軽飲食(店内で扱うお茶やコーヒー、チョコレート等)+店内で使える500円割引券+竹紙商品500円相当))

【会場】ソーシャルスクエア代官山(東京都渋谷区猿楽町24-1 ROOB2 2F-C)http://ss-daikanyama.com/

【主催】中越パルプ工業株式会社 http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
【共催】株式会社SoooooS.カンパニー https://sooooos.com/

 

第79回銀座ソーシャル映画祭×第7回八丁堀映画倶楽部を3月25日(月)に開催します。

お申込はこちら→ http://gsff79.peatix.com/

今回は、銀座のすぐ近く、中央区八丁堀のドキュメンタリー映画の市民上映会仲間、八丁堀映画倶楽部と八丁堀で共催です。互いにいつもとちょっとだけ違う趣を加えて、今後も試行する予定です。

【上映映画】「料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命」https://www.cinemo.info/42m
食や料理は、国のアイデンティティーの最も重要な要素であり、人々の生活を向上させ、国をひとつにまとめる力をもっている。政治家でも革命家でもない、ペルーを代表する料理人ガストン・アクリオ。彼は母国のすばらしい文化を世界へ発信する、という揺るぎない夢と情熱をもって、ペルーの文化、そして国自体に大きな革命をもたらした。ペルー人の誰もが言う「ガストンは国を変えた」と。(2014年、ペルー・アメリカ、 78分)
「SDGsカテゴリー」目標1(貧困をなくそう)、目標4(質の高い教育をみんなに)、目標8(働きがいも経済成長も)、目標10(人や国の不平等をなくそう)、目標12(つくる責任つかう責任)
【日時】
2019年1月16日(水)18:30開場、19:00 開演、20:20ゲストトーク、ダイアログ等、20:50終了予定
※ 会場へは、エレベータで直接8階までお越しください。
※ 19:00以降はビルのエントランスが施錠されます。やむをえず19時以降にご参加される場合は、案内に沿って裏口よりお入りください。なお、上映中の入場は対応が難しいこともありますのでご了承ください。
【ゲスト】武末 克久(たけすえ かつひさ)さん:1976年生まれ。製薬会社の研究職や英国大学院を経て、環境経営コンサルタントとして持続可能な原材料調達などを中心に企業のCSR活動を支援。現在は独立し、”バニラ商人”としてアグロフォレストリを展開するマダガスカルの生産者と協力し、バニラなどの農作物の輸入に取り組んでいる。
【料金】1,500円(上映+手づくり菓子とコーヒー)
※いつものビーガン弁当ではありませんが、いつものペグルカフェの手作りです。
【会場】株式会社サティスファクトリー(東京都中央区八丁堀3丁目12番8号 HF八丁堀ビルディング8階)
京葉線・日比谷線「八丁堀駅」A3・A5出口より徒歩5分、浅草線「宝町駅」A1出口より徒歩5分
※いつもの会場、銀座/中越パルプ工業ではありませんので、ご注意ください。
【主催】中越パルプ工業株式会社 http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
    株式会社サティスファクトリー https://www.sfinter.com/


※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※申し訳ございませんが託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。
【問い合わせ】銀座ソーシャル映画祭 事務局
・E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。


★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。
https://www.facebook.com/ginzasocialfilmfestival/
https://www.gsff.jp/